HOME > 通所リハビリ > スタッフ紹介

理学療法士、作業療法士

理学療法士 作業療法士

病気やケガによる身体機能の障害からくる日常生活の困難に対して、起き上がり、 立ち上がり、歩行などの基本的な動作能力の回復をはかる、身体的なリハビリテーションに携わります。
その内容は、手足の関節の動きを良くしたり、筋力を回復させたりする 「運動療法」 実際の動作が円滑に行える様、その動作を繰り返し練習する「日常生活活動訓練」 車椅子、杖などの 使用に関する助言なども行います。

言語聴覚士

病気や事故によって言語や聴覚機能に障害を持つ人に対して、機能回復や発達促進のための訓練や援助を行います。具体的には、失語症、高次脳機能障害、言語発達障害、構音障害、発声障害、聴覚障害、などの障害の方々を対象とします。
他にも、食べること、飲み込むことに問題がある方に対しても、検査や、訓練などを通じて、能力の維持向上を目指した支援を行います。


介護職員(介護福祉士)

介護福祉士

日常生活の自立を支援する介護サービスの中心的な仕事に従事する専門員です。
食事や入浴、排せつ、衣服の着脱、移動など生活全般における介助のほか、日誌の作成、連絡帳の記入なども行います。
またレクレーションを計画・実施し、精神活動性の維持・向上に努めます。

看護師

健康状態をチェックします。問診・視診及び血圧測定や検温などで、一人一人の体調を管理します。
また、食事やリハビリテーションに関する相談・援助なども行います。

相談員

ケアマネージャ及び家族との連絡調整の窓口です。
新規の申込受付や面接調査、ご利用日の調整などを行います。
利用が始まってからも、ケアマネからの連絡や、担当者会議などを通じ、それぞれの状況変化を把握しスタッフに周知します。

栄養士

バランスのとれた昼食を提供します。
特別治療食や、いろいろな食事形態(刻み食・ペースト食など)にも対応しています。
食の楽しみや季節感を大事にするために、季節ごとに行事食を提供します。
また栄養状態改善サービスとして、栄養スクリーニングを行います。