HOME > クリニックについて > 地域社会の貢献・ボランティア活動

健康フェスタ

春日部厚生クリニックの活動と理念を広く知っていただき、地域の皆様の健康増進と啓発活動を目的として、毎年健康フェスタを開催しています。

2016年の健康フェスタを 6月12日 日曜日に開催いたしました。

今年は開催時期が早くなり、6月開催のため、雨の心配もありましたが、天候にも恵まれ、例年より多くの方にご来場いただきました。

埼玉県の公式マスコット「コバトン」と「さいたまっち」もやってきて、職員と一緒に来場された皆さんをおもてなし。



毎年恒例の健康チェックでは、血管年齢検査が最大60待ちと大盛況。どこかのテーマパークみたいです。

健康相談や介護相談では、医師・看護師・ケアマネージャーが一つ一つの相談に丁寧にお応えさせていただきました。

通所リハビリテーション利用者の家族会では、リハビリをしながら、日々取り組んでいる趣味活動の紹介として、演奏会を行いました。食事をしながら、利用者やご家族同士で交流を深めていただける交流会の場も設けさせていただいています。

また、当法人理事長である西村医師の講演会では、「地域医療構想と地域包括ケアに於ける医療法人光仁会の取り組み」についてお話をさせていただきました。





ページの先頭へ

 

異年齢交流体験「ふれあいタイム」

異年齢交流体験「ふれありタイム」は、中学生が地域の中で様々な社会体験活動や多くの人々とのふれあいを通して、感性や社会性、自立心を養い、たくましく豊かに生きる力を育むことをねらいとして実施されています。

この理念に賛同し、毎年、中学生の社会体験の場を提供しています。

今年も、9月28日より3日間、豊春中学校の3年生が来所しました。
合唱部に所属している生徒たちで、通所リハビリを利用されている方に合唱を披露してくれました。


ページの先頭へ

春日部市中学生社会体験チャレンジ事業

中学生社会体験チャレンジ事業は、中学生に地域の中での様々な社会体験活動や多くの人々とのふれあいを通して、望ましい職業観・勤労観を養い、たくましく豊かに生きる力をはぐくむことをねらいとして実施されています。

この理念に賛同し、毎年、中学生の社会体験の場を提供しています。


ページの先頭へ

春日部市介護支援ボランティア

春日部厚生クリニックでは「春日部市介護支援ボランティア」を受け入れています。

この制度は、春日部市に介護保険料を納めている65歳以上の方が、指定された施設でボランティア活動を行った場合、配布された手帳にスタンプを押印し、スタンプの数に応じたポイントによって、市内共通商品券が交付されるものです。

制度の詳細は  春日部市のホームページ をご覧いただくか、

春日部市 介護保険課 地域支援担当 へお問い合わせください。     

電話:048-736-1111    内線:2752


また、ボランティアの具体的な活動内容等、ご興味のある方は、春日部厚生クリニック  ボランティア担当の皆川までお気軽にお問い合わせください。
 

ボランティア募集

春日部厚生クリニックではボランティアを募集しています。 主な内容は以下の通りです。

活動内容

  • 利用者様のお話し相手。
  • 利用者様のお話しを傾聴し、レクリエーションの提供。

囲碁や将棋、手工芸など、皆さんの特技を生かし、ご利用者様と楽しんでいただく活動です。

  • 催し物の提供。

楽器演奏や踊り、コーラスなどジャンルは問いません。
日ごろの練習の成果を利用者様に披露して楽しんで頂く活動です。

ご興味のある方は、通所リハビリ相談員まで気軽にお問い合わせください。
TEL:048-754-4313